Courses

コース紹介

A1 – 洋上風力発電 総論コース

コロナウイルス感染防止のため、当面の間はオンラインにてコースをご提供させていただきます。

洋上風力発電産業について俯瞰的に幅広く学ぶコースです。

洋上風力発電の業務を行う上で欠かすことのできない、ビジネス知識であるマーケットのトレンド、プレイヤー、事業環境、法律、政策面と、技術の基礎知識である計測、機械、電気、施工等について短期間で集中的に習得することができます。ミニチュア風車のインストールや、エクセルを活用した設計パラメーター変更、発電量計算等のワークショップも豊富です。
また、VRシステムを活用した、洋上風力発電機の各コンポーネントの詳細を学び、作業の危険性とリスクについて学ぶワークショップも行います。
※いわゆる入門コースではございません。洋上風力産業でプロフェッショナルとして業務を遂行する上で必要となる知識を俯瞰的に幅広く、十分な深さで習得するためのコースです。A-2以降の専門コース受講前にぜひ総論コースの受講をご検討ください。

オンサイトとは、実海域をもつ長崎ならではの実地研修です。
(オンライン開催の場合は実施されません。)

洋上風車や設置船の見学、五島で洋上風車と共生する漁業者との交流会、洋上浮体観測装置を使ったデータ取得、 ROV操作体験などを地元関係者、大学と計画しています。確定した分から、随時、ホームページに掲載させていただきます。

全国からの総論コース受講者の声をご紹介します。

「講習テーマは、多岐かつ多角的な視点での内容であり、非常に勉強になりました。参加費に十分見合う講習内容だったと思います。今回得た知識を最大限活用し、本業を通じて日本の洋上風力普及に貢献してゆきたいと考えています。」(再エネ・デベロッパー)
「資料のレイアウト含め、今まで受講したオンライン講義の中でも非常にクオリティが高いと感じました。事務局担当者様の入念な準備に感謝しております。各テーマ毎の参考文献の紹介や、データや動画の出典情報を記載頂ければ更に良くなると思います。」(プラントエンジニアリング)
「オンライン講義だからといって一方的な講義ではなく、チャットや音声による質疑応答があり双方向での議論があり大変満足です。」(再エネ・デベロッパー)
「講習の内容が専門的な部分があり、スピードについていけない部分もありましたが、動画や細かな数値、表などが用いてあって全体としては分かりやすかった。」(洋上建設会社)
「洋上風力のプロジェクトは社内でもノウハウが体系的にまとめられておらず、各フェーズ/領域のノウハウは各部署に分散的かつ属人的にしか存在しないため、前提知識の説明が丁寧におさえられていたのは大変ありがたかった。」(再エネ・デベロッパー)
「紋切り型に数式の説明等をされると難しくてよくわからない、となったと思いますが、動画と、その式の意味するところを説明してもらったので、文系でも大丈夫でした。」(行政職員)
「VR動画では実際にはアクセスが難しい風車のタワー内やナセルの上を間近で見ているようなリアリティを感じられ勉強になった。」(再エネ・デベロッパー)
「DOBアカデミーの教科書をベースに作成していると伺ったが、日本語訳後、英語での表記も消さずに残していただけたことで、英語での専門用語の習得にも役立った。」(再エネ・デベロッパー)
「全体的に、内容が濃く、開発事業者という視点ではなかなか入ってこない情報も得られたため大変満足しております。」(再エネ・デベロッパー)


<スケジュール>

1日目:9時~17時(その後にアカデミー内で交流会を行います。飲み物と軽いお食事をご用意いたします。)
2日目:9時~16時
3日目(オンサイトプログラム):長崎港07:40発、五島視察、漁協との意見交換等を終えて長崎港18:15着(五島市での解散可能)

<受講料>

洋上風力総論コース:受講料 (PDF)はこちら≫

※受講のお申し込みは、コース実施初日の4営業日前で締め切らせていただきます。

開催日・申し込み

対象者

・洋上風力に関わるあらゆる業種の新卒者、転職者、社内異動者。
・学び直しや体系的知識の獲得をしたい実務経験者。

※いわゆる入門コースではございません。洋上風力産業でプロフェッショナルとして業務を遂行する上で必要となる知識を俯瞰的に幅広く、十分な深さで習得するためのコースです。A-2以降の専門コース受講前にぜひ総論コースの受講をご検討ください。

コースの目標

洋上風力産業に関わるビジネス知識、技術の基礎知識を短期集中で学び、新規担当者の業務の立ち上がり期間を大幅に縮小します。

コースの内容

オンライン(Zoom)開催
<総論コース1日目>
9:00 5分 長崎海洋アカデミーの開講について
9:05 30分 オリエンテーションと参加者の自己紹介
9:35 LE01 30分 洋上風力エネルギー活用の歴史
10:05 LE02 40分 電力・社会・政策
10:45 10分 休憩
10:55 LE03 30分 風とは何?
11:25 LE04 40分 風の力を回転力へ
12:05 60分 昼食
13:05 LE05 45分 数字で見る洋上風力発電
13:50 LE06 20分 発電の基礎
14:10 10分 休憩
14:20 LE07 45分 洋上風車からの送電の仕組み
15:05 WS02 60分 発電量計算
16:05 30分 VRで学ぶ洋上風力発電(ムービー)
16:35 終了

(※LE=レクチャー / WS=ワークショップ)

<総論コース2日目>
9:00 LE08 60分 支持構造物設計の基礎
10:00 15分 休憩
10:15 LE09 40分 モノパイルの理論
10:55 WS04 50分 モノパイル設計
11:45 75分 昼食
13:00 LE10 50分 ファームの設計と施工
13:50 15分 休憩
14:05 LE11 30分 運転と保守
14:35 15分 コースの振り返り
14:50 終了

(※LE=レクチャー / WS=ワークショップ)

通常開催(2021年予定)
<総論コース1日目>
8:30 30分 ウェルカム・コーヒー
9:00 15分 オリエンテーション
9:15 LE01 30分 洋上風力エネルギー活用の歴史
9:45 LE02 40分 電力・社会・政策
10:25 15分 休憩
10:40 WS01 30分 風車タービンづくり Part 1
11:10 LE03 30分 風とは何?
11:40 WS01 20分 風車タービンづくり Part 2
12:00 60分 昼食
13:00 LE04 40分 風の力を回転力へ
13:40 LE05 45分 数字で見る洋上風力発電
14:25 15分 休憩
14:40 LE06 20分 発電の基礎
15:00 WS02 60分 発電量計算
16:00 15分 休憩
16:15 LE07 45分 洋上風車からの送電の仕組み
17:00 WS03 20分 発電機づくり
17:20 終了(長崎開催の場合は、初日終了後に懇親会を開催)

(※LE=レクチャー / WS=ワークショップ)

<総論コース2日目>
8:30 30分 ウェルカム・コーヒー
9:00 LE08 60分 支持構造物設計の基礎
10:00 15分 休憩
10:15 LE09 40分 モノパイルの理論
10:55 WS04 50分 モノパイル設計
11:45 75分 昼食
13:00 LE10 50分 ファームの設計と施工
13:50 WS05 60分 洋上風力のインストール
14:50 15分 休憩
15:05 LE11 30分 運転と保守
15:35 15分 コースの振り返り
15:50 終了

(※LE=レクチャー / WS=ワークショップ)

開催場所

●総論コース
〒852-8521 長崎県長崎市文教町1-14 長崎大学文教キャンパス 研究開発推進機構棟2階

●オンサイトプログラム
長崎港07:40発、五島視察、漁協との意見交換等を終えて長崎港18:15着(五島市での解散可能)。詳細については、確定した分から随時、ホームページに掲載させていただきます。

開催日・申し込み

PAGE TOP