アカデミーについて

アジア初の海洋エネルギー開発の専門人材育成アカデミー Nagasaki Ocean Academy
の設立について

将来大きく成長する可能性を秘める日本の洋上風力発電

将来大きく成長する可能性を秘める
日本の洋上風力発電

現在、建設準備中、環境アセスメント手続き中の案件は約12GW以上、さらに1GW/年程度の成長が見込まれています。政府は、2030年に10GWの洋上風力発電の導入目標を掲げており、その目標は達成可能と考えられます。
日本では人材不足が致命的な課題に

日本では人材不足が致命的な課題に

一方、このような成長をとりこんでいく上で原動力となる、実践的技術やノウハウを持った海洋開発技術者の不足が懸念されています。将来における一層の市場拡大に向け、これら技術者の育成が、今求められております。平成27年7月の海の日には、安倍総理大臣より、2030年までに海洋開発技術者の数を現在の約2,000人から、一万人まで増やすことが目標として掲げられました。
  • 日本での海洋開発に関わる現在の技術者
  • 洋上風力に関し2030年に日本で必要となる人材
※技術者・技能者等・メンテナンス等含めて事業に直接関係する者
※出所:日本財団
日本財団と長崎県との連携によるアカデミー設立と運営

日本財団と長崎県との連携による
アカデミー設立と運営

そこで、海洋開発市場で必要とされる海洋開発技術者の育成に向けた取り組みをオールジャパンで推進すべく、海洋開発市場の参入・拡大を企図する本邦企業、大学、公的機関の参加及び政府の協力を得て、日本財団オーシャンイノベーションプロジェクトの一環として、長崎海洋アカデミーを設立することとなりました。海洋開発技術者育成に関する企業ニーズの把握と、社会人教育および大学教育とのマッチングを図るとともに、大学及び個別の企業のみでは実施することが難しい教育、実習等を、企業や公的研究機関の協力を得て実施することにより、海洋開発技術者の育成体制の構築を進めます。

アカデミーの体制図

海洋エネルギーの最先端を学ぶ人材育成機関として、産官学民のオールジャパン体制で事業を推進。
海外の人材育成機関とも連携し、数年後には日本だけではなく、アジアを中心とする世界の人材が学ぶ機関とする。
アカデミーの体制図

アカデミーのVisionとMission

Vision
~新たな価値(Value)の創造~
長崎に新たな海洋産業(主に洋上風力発電)の創出と振興を目指す学びの場、交流の場、体験の場を創出し、国内外から多くの人々が集まる新たな価値を創造する
Mission
  • 基礎的な学習や専門的な学習に加え、現場経験・最新情報などの実践的な課題を学ぶことができ、魅力に溢れる継続的な実学の場を創出する。
  • 国内外の専門家とのネットワーク構築によるビジネスの加速ができる、出会いの場を提供する。
  • 五島での洋上風車と共生する漁業者との交流会や洋上風車などの見学会に加え、洋上風車と魚類の生態行動等に関する情報などを提供し、長崎ならではの魅力のある場を創出する。

アカデミー概要

名称 日本財団オーシャンイノベーションプロジェクト 長崎海洋開発人材育成・フィールドセンター
愛称 長崎海洋アカデミー
所在地 〒852-8521 長崎県長崎市文教町1-14 長崎大学文教キャンパス 研究開発推進機構棟2階
連絡先 TEL:095-800-2875 FAX:095-800-3017
実施団体 NPO法人長崎海洋産業クラスター形成推進協議会
〒850-0862 長崎県長崎市出島町1番43号 ながさき出島インキュベータ105号
TEL : 095-893-8251 FAX : 095-893-8461
PAGE TOP