Courses

コース紹介・受講申込

C3

洋上風力発電におけるHSEの基礎コース

  • 2024年度より、全コース、現地受講・オンライン受講同じ料金
  • 受講料カード決済可
  • 現地会場で受講された方(一部、過去にいずれかのコースを受講された方)を対象に、3日目に五島オンサイトプログラムを実施(オプショナル)

2024年度上半期における長崎海洋アカデミー受講申し込みについては、下記の点にご留意ください。
・下半期(10月~2025年3月)の申し込みは、日程が決まり次第、募集を開始します。
・2024年度から受講料を改定しますので、ご確認のうえお申し込みください。
・下半期には、「A2 事業開発コース」「A3 ウィンドファーム認証とマリンワ ランティサーベイ及び保険・ファイナンスコース」、
「C2 EPCプロジェクト・マネジメントコース」及び「C3 洋上風力発電におけるHSEの基礎コース」は開催しませんので、上半期にお申し込みください。
・現時点での下半期のコース開催回数は以下の回数を予定しています。ただし、今後の状況により変更となる場合があります。
「A0 半日・入門コース」及び「A1 総論コース」 各2回
「A4 浮体式洋上風力発電コース」及び「A5 風況海象観測・解析と発電量予測 コース」 各1回
「C1 海底地盤調査・解析と洋上施工コース」及び「C4 送電システムの基礎 コース」 各1回

日本国内で洋上風力プロジェクトの安全管理に関して、我々が準備をしなければならないものは何かについて講義を通じて学びます。

エンジニアリング協会とその会員企業がコンテンツを制作し、講師を務めます。
日本国内において洋上風力発電プロジェクトを進めるにあたり、事業者/コントラクター/工事関係会社/風車メーカーの各ステークホルダーに海外企業が入り込んでくる事は避けられません。このような環境下で、先行して洋上風力発電プロジェクトを遂行している海外における安全管理を理解した上で、『確立された海外での安全管理手法を日本国内のプロジェクトに適用するための障壁は何か?』、『我々が日本国内で洋上風力発電プロジェクトを安全に進めるため、どんな準備をしておかなければならないのか?』について学ぶ事ができるコースです。台湾プロジェクトから得られた 知見、海外で発生した洋上風力に関連するトラブル事例、経験談等を数多く盛り込み、実践に即した最新の情報・知識を提供します。

最新の受講者の声

  • 洋上風力は、すぐに助けに行けない環境であることを理解することが重要

    日本の海上工事は比較的沿岸部で行われることが多いが、洋上風力は沿岸部から離れた外洋であり、気象海象条件がより厳しい、何かあってもすぐに助けに行けない環境であることを理解することが重要だと感じた。(2023年9月受講:石油元売り)

  • マリンコーディネーションは要になるシステム

    マリンコーディネーションは、今後日本の洋上風力が上手く進むための要になるシステムだと認識しました。(2023年9月受講:人財育成)

  • 国内にないマリンコーディネーションの概念を理解

    国内でマリンコーディネーションの概念がなかったので、初めはイメージができなかった。実際の導入事例などもいくつか紹介していただけると更に分かりやすかったと思います。(2023年9月受講:石油元売り)

次回開催日

※コース2日【+オンサイト1日(オプショナル)】
  • 次回開催スケジュール調整中

受講方法・申し込み

ハイブリッド形式:「現地会場」である長崎海洋アカデミーでの受講、「オンライン(ZOOM配信)」での受講を併用します。

開催スケジュール・受講料・キャンセルポリシー

対象者

日本での洋上風力発電プロジェクトに従事する事業者/コントラクター/工事関係会社/風車メーカーの安全管理者および工事管理者の方々

コースの目標

日本で洋上風力発電プロジェクトに従事する作業員の皆様を守るため、本講座を通して参加者が洋上風力の安全管理に対して知見を習得していただきます

コースの内容

<コース1日目>
※LE=レクチャー / WS=ワークショップ
9:00【開講】40分・オリエンテーション
・自己紹介 +アイスブレーク
・HSEモーメント
9:40【講義】

100分イントロダクション
・洋上風力の特殊性とは?
・洋上作業の流れ
・事故発生が与えるインパクト
11:20【講義】
60分Health
・船上での疾病(コロナ)対応
・船上における体調管理
11:5060分昼食
12:50【講義】
90分Safety
HSE要求事項(システム編)
・作業許可書(PTW)
・同時輻輳作業コントロール(SIMOPS)
・洋上での緊急時対応(Emergency Control)
14:20【講義】
80分・マリンコーディネーション
15:4010分休憩
15:50【講義】
60分Safety
HSE要求事項(工事管理編)
・個人用保護具(PPE)
・洋上での高所作業(Worling at Height)
・電気作業(Electrical Work)
16:5010分連絡事項
17:00終了
<コース2日目>
※LE=レクチャー / WS=ワークショップ
9:00 20分オープニング
・HSEモーメント/Day1振り返り
9:20【講義】
100分Safety
HSE要求事項(工事管理編)
・人員移乗(Personal Transfer)
・洋上での吊作業(Lifting Work)
11:0010分休憩
11:10【講義】
30分Environment
・環境への配慮
11:4070分昼食
12:50【講義】40分洋上風力プロジェクトに求められる資格
13:3010分休憩
13:40【講義】90分事故事例分析
15:1010分休憩
15:20【講義】40分事故ゼロに向けた取組み
16:00【まとめ】30分全体総括、質疑応答
16:30終了
<オンサイトプログラム>

開催場所

●現地受講会場
〒852-8521 長崎県長崎市文教町1-14 長崎大学文教キャンパス 研究開発推進機構棟2階
Google Mapで調べる≫

<注意事項>

各コースに関して
  • 2022年11月より、現地会場の長崎海洋アカデミーとWEB配信を併用したハイブリッド形式にて開催しています。
  • お申込の際、「現地会場」または「オンライン」を選択してください。現地参加者は、2023年5月開催分より、最大16名まで(申し込み順)とさせていただきます。
  • 現地会場で受講された方を対象に、3日目に五島オンサイトプログラム(洋上風車や設置船の見学、五島で洋上風車と共生する漁業者との懇談会等)を実施いたします。(オプショナル)
  • ただし、今後の状況によっては、従来のオンライン開催のみに変更する場合がありますので、あらかじめご了解ください。
  • 受講申込みは、コース開催時間の96時間前で締め切らせていただきます。
  • スケジュールの時間に沿った進行に努めておりますが、受講者の方々からの質問の数によっては、多少進行が遅れる場合があることをご了承ください。
  • 何らかの理由によりご予約ができない場合はお手数ですが当アカデミーへお問い合わせをお願いします。
五島オンサイトプログラムに関して
  • 五島オンサイトプログラムはコース受講料とは別料金となります。
  • A1からA5コース、C1からC4コースを受講された方(一部、過去に受講された方)を対象に3日目に実施いたします。
  • 参加料に含まれるものは以下のとおりです。【ジェットフォイル往復料金(長崎港~福江港)*往復とも事務局にて手配し、出発前に往復チケットをお渡しします。】【海上タクシー使用料】【貸切バス使用料】【会議室使用料】【昼食代(松花堂弁当:食物アレルギーのある方は受講申込時にフォームに記入していただくか、事前に事務局へご連絡ください)】【島内保険代】(※記載がないものは自己負担となります)
  • 長崎港07:40発、五島視察、漁業関係者との意見交換等を終えて長崎港18:15着(五島市での解散可能)。
  • 船上で両手が使えるように、リュック、ボディバック、ウエストポーチ等でご参加ください。また、季節によっては天気が変わりやすいので、温度調節のできる動きやすい服装と滑りにくいスニーカーのような靴でご参加ください。
  • 五島福江港のコインロッカーは 40 x 35㎝程度の小さなものしかありません。また海上タクシーの船内は狭いため、大きな荷物はホテルに預けるか長崎港ターミナル等のコインロッカーを利用してください。ただし、帰路の都合及び、復路のジェットフォイルが欠航となった場合に備え大きな荷物を五島まで持っていく方は、保管場所を確保しますので事前に事務局にご連絡ください。
  • 船酔いの心配がある方は、酔い止めの薬をご持参ください。
  • 貴重品等の落水には、十分ご注意ください。事務局で、スマホ防水ケースを用意しますので、必要な方はお使いください。
  • 五島市からの復路を、当日のジェットフォイルを利用せずに宿泊あるいは航空機で帰られる方は、出港前に電話でキャンセルし、福江港にてチケットの払戻し手続きを行ってください(払戻し手数料200円が必要です)。
  • あらかじめ宿泊あるいは復路に航空機を利用される方につきましても、事務局ではジェットフォイルの往復券を準備いたします。復路の払戻し料金を差し引いた参加料の請求は行いませんので、ご了解ください。
  • ジェットフォイルの場合、往路は運航されても、天候の悪化による波浪状況の急変等により復路の便が欠航になる場合があります。欠航等の最終決定は出港の1時間前となっていますが、事務局に欠航決定の連絡があった場合、速やかにお知らせし、帰路の調整を行っていただきます。長崎への復路は、フェリー(長崎港着は20:00。事務局が変更手続きを行います)あるいは飛行機(長崎空港17:40着、福岡空港18:55着(事前に確認ください)。ただし視界不良等の気象状況により欠航となる可能性があります)となります。フェリーの場合、長崎空港から羽田等への便に間に合いません。一方、飛行機の場合、長崎空港、福岡空港ともに羽田等の便への乗り継ぎは可能と思われますが、荷物の置き場所には注意してください。

次回開催日

※コース2日【+オンサイト1日(オプショナル)】
  • 次回開催スケジュール調整中

受講方法・申し込み

ハイブリッド形式:「現地会場」である長崎海洋アカデミーでの受講、「オンライン(ZOOM配信)」での受講を併用します。
PAGE TOP
Menu